誹謗中傷をされた人はインターネットが普及される前よりも、かなり増えているような気がします。私自身、お付き合いを断った相手からホームページのあるサイトに顔写真までのせられて、作り話を載せられて本当に嫌な思いをしたことがあります。誹謗中傷対策としては、サイトの運営者に削除依頼をすることをしました。またネット上でさまざまな誹謗中傷に対する相談サイトもあります。警察のサイバー対策のところに相談するのも可能だと思います。ただ、一番厄介なのが、海外のサイトに掲載されたときです。私の場合、海外のサイトに連絡しましたがなかなか受付けてくれず本当に大変でした。逆に言うと、海外サイトに書き込めば日本の機関はなにもできないという事です。結局、相手にしかるべき機関に通報したこれ以上するのであれば法的措置をとるという内容で連絡したところ、何かをおそれたのか削除されていました。

誹謗中傷対策が不可欠です

誹謗中傷を受けて苦しんでいる人が世の中にはたくさんいます。何か原因になるような事実があるケースも見受けられますが、そうではなくて、いわれがないのに誹謗中傷を受けて苦しんでいる人もいます。何とかしないといけない問題だと思います。特に現代のようなインターネットが普及している社会ではそうしたリスクが高まります。それは一介の個人でも日本中、いや世界中に発信することができるのがインターネットだからです。ネット社会は便利な反面、こうしたリスクを持つことを自覚しておきましょう。最近ではこうした問題の高まりから、誹謗中傷対策についても本格的に検討されています。名誉棄損で訴えるというのが基本ですが、ネットのように相手が見えない場合、なかなか対応が難しかったりします。それでも、最近ではネットの発言もほぼ特定されるようになってきています。

誹謗中傷対策として弁護士に相談をしてみました

私はかなり前から、インターネットに自分自身の誹謗中傷を書かれることがとても多かったので、非常に気になっていました。ただ誹謗中傷対策を、どのように行ったらよいかわかりませんでしたので、ずっと悩み続けていましたが、ある時知り合いに相談をしてみたところ、法律に詳しい弁護士の先生に相談をしてみてはどうかと、助言をもらうことが出来ました。私はそれを聞いて藁をも掴む思いで、家の近くにある法律事務所を訪問してみることにしましたが、その後実際に弁護士の先生と話をしてみたところ何とかなるとのことでしたので、思い切って依頼をしてみました。その後しばらくして、見事に弁護士の先生が問題を解決してくれ、インターネットに自分自身の誹謗中傷が書かれ書かれなくなりましたので、私は依頼をしてみて本当に良かったと感じました。他の人にも効果的な誹謗中傷対策として、勧めてみようと考えています。