現代では、私生活や今日の出来事、地震速報やニュース速報は、掲示板やアプリ、SNSで多くの情報がいつどこでも簡単に手に入れることができます。その利便性から多くの情報を発信、受信が出来る分、多くのリスクを負うことが起きます。そのリスクの大きな部分は、誹謗中傷です。ネット上という、顔が見えない事を利用して、相手を簡単に傷つける事が出来てしまいます。だからこそ、日頃から誹謗中傷対策を考えて行動する事が大切です。ここでは、その誹謗中傷対策をご紹介します。誹謗中傷対策では、SNSにおいては自らの個人情報を晒さないことや他人の悪口や影口を個人名を指して誹謗しないこと、相手を責める様な情報を発信しないことなどが挙げられます。対策として、共通しているのが、相手の立場に立って情報を発信することを心がけることが大切です。

ネットでの誹謗中傷対策

近年ネットでの誹謗中傷が一般の人に向けているものも増えています。ではどうすれば誹謗中傷対策になるのかというと、芸能人の方が発言した際に問題のある発言があるとテレビや雑誌で取り上げられてしまう事がありますがネットで全世界に向けて発信している発言になりますと一般人も同じです。自分の発言に責任を持って、一人の社会人として恥ずかしくない発言をしなければいけません。それが出来ない人はネットに書き込むのは辞めましょう。そして目を付けられにくくする対策と、やってはいけない事はネットに本名など個人を特定する事は絶対かかない事です。写真や本名は一番危険なものになります。そして住所や職場なども絶対に駄目です。都道府県くらいならいいかもしれませんが家の近所で撮った写真や使っている電車などから特定される事はとても多いです。家族や友人にまで迷惑がかかる恐れがあるので絶対にネットでは個人情報は公開しない事にしましょう。

インターネットにおける誹謗中傷対策

インターネットにおける誹謗中傷対策について説明いたします。インターネットが普及し出してから、表向きな匿名性をいい事に個人の尊厳を侮辱するような誹謗中傷を掲示板やソーシャルメディアに投稿する人が増えており、それに伴い被害者も増加傾向にあります。誹謗中傷の例として多いケースは、巨大なネット掲示板内で個人の住所や携帯番号、所属する会社や部署などを曝したり、その人に成りすまして個人情報を書き込み、性犯罪を助長するような劣悪な内容が多くなっています。このように一度書き込まれた情報は、広く拡散されるケースが多くなかなか削除が追いつかない状況になりますので、対策としては法務局に被害の状況を報告し、書き込まれたサイトの管理者に対して削除要請を行うことが必要となります。その他にもサイバー警察に被害を届け出るか、大手検索サイトに誹謗中傷に関するページを検索結果に表示しないように依頼するなどの方法があります。