社会や学校においては自分と合わない気に入らない人がいることもあるかと思います。しかしだからといって誹謗中傷を行うことはよくないでしょう。そういう場合での誹謗中傷対策は何点かあります。一点目に自分や誹謗中傷を行っている人よりも上層部の人間に相談することです。例えば会社の場合上司、学校の場合先生です。それらの人たちはグループを指導する立場にある人であり、人にもよるかもしれませんが円滑な仕事や教育を行うためそのようなトラブルには積極的に解決に向かって取り組んでもらえると思います。二点目に原因がどこにあるかを考えることです。中傷する人の気まぐれや八つ当たりの場合はどうしようもありませんが、例えば先日その人に約束を破った等の悪いことをしたという自分に原因がある場合自分から積極的に謝るべきでしょう。三点目に、無視することです。誹謗中傷を行う裏には自分にかまってほしいという気持ちがあるかもしれません。例えば学生時代にありがちな好きな人には意地悪をするということです。そんな時無視をすれば相手は興ざめし、誹謗中傷をやめるかもしれません。しかしこれに関しては逆効果になるということも有り得るので、基本的にはやらないほうがよいでしょう。以上三点の方法を挙げましたが、一番良いのは、近くにいる家族や友人に相談し、共に問題を共有解決していくことであると私は思います。

ブログにおける誹謗中傷対策

個人ブログなどを運営していると、必ずと言っていい程、誹謗中傷コメントが寄せられることがあります。個人ブログの場合には、やはり誰にでも好かれる文章や内容を書くことは困難ですし、気に入らないブログに関しては好き放題誹謗中傷コメントをする読者がいることも残念ですが事実です。しかし、ブログを運営している方にしてみれば、誹謗中傷をされることでブログを書くことへのモチベーションが保てなくなることもありますし、一つの誹謗中傷が呼び水となり次から次へと誹謗中傷コメントが寄せられて、閉鎖に追い込まれてしまうことも少なくはありません。ですから、個人ブログを運営する際には、コメント欄には誹謗中傷対策を施すことがとても大切なのです。その中で最も有効なのが、コメント欄を承認制にすることです。コメント欄を承認制にすれば、誹謗中傷コメントをオープンにせずに済みますから、誹謗中傷をしてもブログ上に載らなければそれが呼び水になることもありません。

人間性を損なわない知的な誹謗中傷対策

人と人とがコミュニケーションを取り、そうして成り立つ社会。豊かになり技術がどれだけ発達しても、その社会の本質まではそう変わりません。最近どんな年代にも増えているコミュニケーションに関する悩みがあります。その中でもとりわけ多い質問こそが、誹謗中傷対策。インターネットが加速度的に普及した今、昔では考え付かなかったような様々な角度から罵詈雑言が生まれ、またそれを望む、望まないに関わらず目にしてしまう日々。特に顕著なのがインターネット上での書き込みを見た赤の他人が面白半分でそのURLを広め、不特定多数に公開するというもの。あなたはブログなどを現在行っていますか?もしもしているのであれば、すぐに公開制限などの対策を取りましょう。また、誹謗中傷の類は反応してしまうだけ相手に燃料を与えるだけ。知らんぷりを決め込み、相手の興味が余所に移るまで我慢するのも一つの手です。